正しい洗顔で美肌を手に入れる!ニキビ専用洗顔石鹸のノンエー

ニキビが出来たら患部に触らないようにして、
清潔に保つのがニキビを早く治すのには効果的です。
しかし、清潔に保つというのが洗顔さえすれば良いと思って、
1日に何度も洗顔をしている人は注意が必要です。

私もニキビが気になって、朝の寝起きと夜寝る前の入浴中の洗顔はもちろん、
ランチの後にはメイクを全て落としてのクレンジングと洗顔もしていました。
でもこれってかえって逆効果なんですよね。

ニキビが出来ている近くの肌は脂っぽくなっているので、
洗顔料をつけてゴシゴシ顔を洗っていました。
洗浄力の強い洗顔料が肌の表皮のバリア機能を奪ってしまい、
ゴシゴシ顔を洗うことで肌の角質を壊し、
正常な角質の形成を阻害して毛穴詰まりの原因にもなってしまいます。

洗顔をする際には、まずニキビ専用洗顔石鹸のノンエーをしっかりと泡立てます。
キメ細やかな弾力のある泡で包み込むようにやさしく洗います。
石鹸の泡立てネットなどを使って、とにかくあまり肌に触らないのが大切です。

ノンエー 口コミでも泡立てネットがついているのが、
別購入しなくて良いくて助かると好評価でした。
着色料、香料、エタノール、鉱物油、が全て無添加なのもお肌に優しいです。
しかし、水をつけたままにしておくと溶けてしまいやすくなったり、
柔らかくなってしまうので、専用のソープディッシュなどに置いて清潔に保つようにします。
ノンエーは泡立ちがとても良いので、ほんの少しの量でこんもりとした泡がすぐにたちます。
泡立てが面倒で結局洗顔が続かないといったことも避けられます。
美肌の基本は洗顔というのが、約2数間ほどで実感できます。
ニキビで凸凹していた肌触りが、約2数間ほどでツルツルに変わってくるので、
毎日洗顔するのが楽しくなってきます。
そして、洗顔後に使うタオルも、出来るだけ柔らかくふわふわの洗顔したてのンノを使うのが大切です。
ごわごわしたタオルを使うとニキビが傷つくので避けてください。
私は毎回ティッシュペーパー2、3枚を利用して、優しく水分をオフしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です