現代型夏バテ回復方法

夏バテ-300x225

夏の暑さのピークを過ぎ、猛暑から解放される8月下旬から9月は、夏バテになる人も多いと思います。
夏バテをどのように克服したらよいでしょうか。食事や生活習慣など調べてみました。

現代型夏バテとは
以前の夏バテの高温多湿による暑さ負けに加えて、脈拍、血圧や発汗などの体を一定の状態に保つ自律神経の乱れを招く過剰な冷房が、現代型の夏バテの大きな原因です。
本来、気温が高くなると汗をかくようになり、夏の暑さに順応しようとしますが、当り前のように冷房が効いている屋内では汗をかくことがありません。現代型夏バテには、暑さ負けと自律神経の乱れの両方の対策が必要です。

現代型夏バテ回復方法
食欲がなく冷たい食事ばかり食べていると、胃腸に大きな負担をかけてしまいす。敢えて温かい食事を食べるようにしましょう。
冷房温度はオフィスの人の出入り、仕事の内容、個人の好みやエアコンの性能等で万人に温度を合わせることはできません。
冷え性の方は夏も足元を冷さないように膝掛けを活用して下さい。
暑さによる睡眠不足から体調を崩さないように、就寝時の冷房温度を28℃に設定し、扇風機と併用して冷たい風を循環させます。

8月を上手く乗り切っても9月に夏バテにより体調を崩しては辛いです。夏バテを上手に回復して、秋の味覚を美味しくいただきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です